ETCカードを選ぶポイント① 年会費をどう捉えるか

ETCカードの年会費についてETCカードというとクレジットカードもETCカードも年会費無料のものが注目されがちだが、年会費が有料のカードでも、セキュリティや全体のサービスを考えると十分メリットがある場合も。

年会費の高いメインカードであれば、旅行の手配や保険・各種サポートなど、補償やサービスは基本的に手厚くなる。

年払いの金額なので大きな金額と捉えがちだが、2,000円の年会費とすると月額換算で166円程度。10,000円の年会費でも月額833円程度になるのでそれほど負担ではないはず。

「旅行が多い」「ネットショッピングが多い」など、年間を通してクレジットカードをどのタイミングでどう使うかをシミュレーションするとより自分に合ったカードを選べる。

年会費の金額負担とサービス内容を比べて、付帯サービスが自分にとってどれくらいのメリットあるか、よくチェックしよう。

ETCカードを選ぶポイント② ETCでもお得に

ドライブには欠かせないETCカード。昨今では高速道路利用者のほとんどがETC利用者であることもデータで確認できる。

ETCカードには高速道路会社が提供している「ETCマイレージサービス」という割引サービスもあるが、最近ではETCカードを発行するクレジットカード会社のポイントシステムがETC利用にも適応されることがほとんどになっている。

ETC割引率例えばポイント高還元で有名な楽天カードの場合、通常のカード利用で1%(100円毎に1ポイント)の還元だが、ETC利用でも同じ還元が受けられる。

したがって高速道路料金が1%割引になる計算だ。

もともとETCには普及を目的としたETC割引があり、現金払いよりお得になるようになっているが、ポイント還元があればさらにプラスでお得。

毎年、帰省に高速道路を利用したり、ドライブに頻繁に行く人にとってはバカにできない金額となるのでポイントの還元率もよくチェックしよう。

ETCカードを選ぶポイント③ 保険にも注目しよう

クレジットカードの保険ETCカードを選ぶ秘訣は、ETC利用でポイントやマイルが貯まったり、キャッシュバックがあったりと普段の利用でのお得さがポイント。

しかし、総合的に考えるとクレジットカードのサービスで付帯されている保険なども考慮したいところ。

旅行好きの人なら旅行傷害保険に注目するのも重要なポイント。なかには自動付帯で様々な補償が付いた保険内容もある。カード付帯の保険で生命保険の内容の見直しや特約解除ができ、生命保険料を安くすることも可能になる。

今人気のETCカードを完全比較

  • コメントで比較
  • 一覧表で比較
  • デザインで比較

VIASOカード

VIASOカード
VIASOカード
VIASOカードをお気に入りに追加
ETC利用でポイント2倍!オートキャッシュバックも魅力

メインカードもETCカードも年会費永年無料。

発行には別途1,000円(税抜)だが、ETC利用では1%還元。年会費無料カードで1%は他に無い。

通常利用ではポイントは1,000円毎に5ポイント(0.5%)だが、VIASO eショップ経由でのネットショッピングでは最大10%のポイント還元。

貯まったポイントは1P=1円のオートキャッシュバック。ポイント管理の必要無し!

携帯電話料金・プロバイダー料金もポイント2倍(1%還元)!

海外旅行傷害保険が最高2,000万円、ショッピング保険が年間最高100万円まで付帯と補償も充実。

メインカード ETCカード 家族カード
初年度 2年目以降 初年度 2年目以降 発行手数料 初年度 2年目以降
無料 無料 無料 無料 1,000円(税抜) 無料 無料
国際ブランド 審査/発行 ポイント付与 マイル変換
VISAMasterCardJCBAmerican ExpressDiners 最短翌営業日 1,000円 = 5ポイントVIASOeショップでの利用時は、ポイント最大10%以上 -
公式サイトで申し込む

三井住友VISAクラシックカード

三井住友VISAクラシックカード
三井住友VISAクラシックカード
三井住友VISAクラシックカードをお気に入りに追加
セキュリティの高さで選ぶ!信頼と実績の三井住友VISA!

世界シェアNo.1! 安心、信頼の実績で不動の人気を誇る言わずと知れたこの1枚。

写真入りカードや紛失サポート、カード利用24時間監視など高いセキュリティ機能を装備。最高2,000万円の海外旅行保険、ショッピング保険など保険や補償も充実。

VISA加盟店数は世界200ヵ国・地域で3,000万店以上。とりわけアジア・ヨーロッパ圏での加盟店数No.1を誇り、旅行先でも安心。

初年度年会費無料で、2年目以降も使い方次第で無料に。

メインカード ETCカード 家族カード
初年度 2年目以降 初年度 2年目以降 発行手数料 初年度 2年目以降
無料 1,250円(税抜)マイ・ペイすリボの利用、もしくは前年度300万円以上利用で翌年会費無料 無料 無料1年間に1回以上ETC利用が無いと500円(税抜) 無料 無料お1人目は初年度年会費無料 400円(税抜)前年のお買物利用回数が3回以上の場合は無料(お1人目のみ)
国際ブランド 審査/発行 ポイント付与 マイル変換
VISAMasterCardJCBAmerican ExpressDiners 最短3営業日 1,000円 = 1ポイント ANA
公式サイトで申し込む

楽天カード

楽天カード
楽天カード
楽天カードをお気に入りに追加
ネットショッピングが多いなら絶対コレ!

年会費無料で発行も無料。

ETCカードは年会費500円(税抜)だが発行は無料。ETC年会費は楽天のプラチナ会員以上は無料に。

ポイントはいつでも1%還元(100円=1ポイント)。ネットショッピングが多いならかなりおすすめ。

ETC利用でも1%還元で、楽天市場で2倍(2%)。街中の楽天加盟店でポイント3倍(3%還元)

ENEOSでポイント2倍(2%還元)

手数料無料でANAマイルにも交換可能(2P→1マイル)

メインカード ETCカード 家族カード
初年度 2年目以降 初年度 2年目以降 発行手数料 初年度 2年目以降
無料 無料 500円(税抜)申込時点での楽天会員ランクがダイヤモンド・プラチナ会員は無料 500円(税抜)ETCカード年会費請求月の楽天会員ランクがダイヤモンド・プラチナ会員は無料 無料 無料 無料
国際ブランド 審査/発行 ポイント付与 マイル変換
VISAMasterCardJCBAmerican ExpressDiners 約1週間 100円 = 1ポイント楽天市場でのお買物は100円=2ポイント ANA
公式サイトで申し込む

イオンカード(WAON一体型)

イオンカード(WAON一体型)
イオンカード(WAON一体型)
イオンカード(WAON一体型)をお気に入りに追加
イオンカードならETCも家族カードも全部年会費無料!

プリペイド(前払い)式電子マネーWAONが付いたイオンカード。

カード利用ならときめきポイントが、WAONで利用ならWAONポイントがそれぞれ200円ごとに1ポイント付与。

毎月20日、30日はイオングループ各店でカードで買い物をすれば5%割引。5日、15日、25日はイオン系列店でポイントが2倍になるほか、毎月10日はカード利用ならどこで何を買ってもポイント2倍になるなど、特定日に使えばとてもお得なカード。

ときめきポイントは1000ポイント(=500マイル)から500ポイント単位でJALマイルへの移行が可能。

メインカード ETCカード 家族カード
初年度 2年目以降 初年度 2年目以降 発行手数料 初年度 2年目以降
無料 無料 無料 無料 無料 無料 無料
国際ブランド 審査/発行 ポイント付与 マイル変換
VISAMasterCardJCBAmerican ExpressDiners 約2週間 200円 = 1ポイントWAONの利用でWAONに交換できるWAONポイントが200円につき1ポイントたまる。 JAL
公式サイトで申し込む

JCB一般カード

JCB一般カード
JCB一般カード
JCB一般カードをお気に入りに追加
使い方次第でずっと年会費無料!JCBのプロパー!

JCBのプロパークレジットカードは補償やサービスが充実。

セブン-イレブン・イトーヨーカドー・Amazon.co.jp・Apple Store(3倍)、スターバックス(5倍)など提携ショップでポイント大幅アップ。
オフィシャルスポンサーである東京ディズニーランドの招待チケットプレゼントなど、会員限定のキャンペーンが豊富。

メインカード ETCカード 家族カード
初年度 2年目以降 初年度 2年目以降 発行手数料 初年度 2年目以降
無料 1,250円(税抜)「MyJチェック」に登録し、年間利用額50万円以上で翌年年会費無料 無料 無料 無料 400円(税抜) 400円(税抜)
国際ブランド 審査/発行 ポイント付与 マイル変換
VISAMasterCardJCBAmerican ExpressDiners 最短3営業日インターネットでの支払口座設定ができる場合。 1,000円 = 1ポイント JALANAデルタ航空
公式サイトで申し込む

「ビュー・スイカ」カード

「ビュー・スイカ」カード
「ビュー・スイカ」カード
「ビュー・スイカ」カードをお気に入りに追加
JR東日本での定期券やきっぷの購入でポイント3倍!

JR東日本のみどりの窓口やびゅうプラザでの定期券や乗車券の購入、Suicaへのオートチャージでポイント3倍。

いつものお買物や公共料金等の支払でももちろんポイントが貯まり、さらに年間の利用累計額に応じたボーナスポイントもあってお得。

獲得したポイントは商品との交換のほか、Suicaへのチャージも可能なため、獲得したポイントを無駄なく活用。

通勤や通学でJRを利用している方は定期券とクレジットカード、電子マネーが1枚に集約、ポイントも貯まってお得かつ利便性UP!

メインカード ETCカード 家族カード
初年度 2年目以降 初年度 2年目以降 発行手数料 初年度 2年目以降
477円(税抜) 477円(税抜) 477円(税抜) 477円(税抜) 無料 お取り扱い無し お取り扱い無し
国際ブランド 審査/発行 ポイント付与 マイル変換
VISAMasterCardJCBAmerican ExpressDiners 約10日間インターネットでは約10日間(土日祝日含む)。郵送の場合は約2週間。 1,000円 = 2ポイントJR東日本の駅やびゅうプラザでの利用なら、1,000円につき1.5%=6ポイント -
公式サイトで申し込む

三井住友VISAゴールドカード

三井住友VISAゴールドカード
三井住友VISAゴールドカード
三井住友VISAゴールドカードをお気に入りに追加
ゴールドカードならVISA最高クラスのステータスを!

VISA、マスターカードからブランドが選ぶことが可能で利用は70~200万円まで。ANAマイルへの交換も可能。
ゴールドカード会員専用のデスクが利用可能で専門の担当者が利用やサービスに対応。

国内・海外問わず最高5,000万円の旅行保険や年間300万円までのショッピング保険付帯。また、盗難・紛失時及びネット上での不正利用の補償や顔写真付きカード、24時間監視システムなど、安心・安全性に非常に優れたカード。

年度ごとに獲得できるボーナスは一般カードの2倍、空港ラウンジも国内28空港を無料で利用が可能。さらにカードの利用方法次第で年会費を4,000円(税抜)まで割引可能。

メインカード ETCカード 家族カード
初年度 2年目以降 初年度 2年目以降 発行手数料 初年度 2年目以降
無料 10,000円(税抜)マイ・ペイすリボの利用とWeb明細サービスに登録で翌年会費4,000円(税抜) 無料 無料1年間に1回以上ETC利用が無いと500円(税抜) 無料 無料お1人目は初年度年会費無料 1,000円(税抜)ご利用状況に関わらずお1人目は無料
国際ブランド 審査/発行 ポイント付与 マイル変換
VISAMasterCardJCBAmerican ExpressDiners 最短3営業日 1,000円 = 1ポイント ANA
公式サイトで申し込む

セゾンカード・インターナショナル

セゾンカード・インターナショナル
セゾンカード・インターナショナル
セゾンカード・インターナショナルをお気に入りに追加
即日発行可能なセゾンのスタンダードカード

セゾンの最もポピュラーなカード。年会費はメインカードもETCカードも無料。発行も無料

WEBで申込みをした際に受け取りを近くのセゾンカウンターに指定すれば最短即日発行が可能。郵送でも3営業日で発行可能。

ポイントは1,000円=1ポイント(海外では2倍)だが、有効期限が無い永久不滅ポイントなのでじっくり貯められる。

毎月5日と20日は全国の西友・リヴィンで5%割引。300円~加入できる会員限定の保険サービスもある。

メインカード ETCカード 家族カード
初年度 2年目以降 初年度 2年目以降 発行手数料 初年度 2年目以降
無料 無料 無料 無料 無料 無料 無料
国際ブランド 審査/発行 ポイント付与 マイル変換
VISAMasterCardJCBAmerican ExpressDiners 最短即日 1,000円 = 1ポイント海外利用は1000円=2ポイント JALANA
公式サイトで申し込む

年会費を取るかサービスを取るか

ETCカードを選ぶ際に基準となるのがメインカードのサービス。

クレジットカード自体のサービスとしては、ポイント還元や旅行保険やショッピング保険などの保険や補償。旅行サービスやブランド独自の優待など、多種多様なサービスが用意されている。

それに加えて選択肢となるのが年会費。

クレジットカードもETCカードも年会費無料のカードもあれば、ETCカードだけ無料であったり、発行手数料だけかかるものもある。

ETCカードを選ぶ場合、年会費無料のETCカードに注目してしまうが、年間を通してカード利用が多かったり、高速道路利用が多い場合はクレジットカードの還元やサービスなど様々な要素を考慮して選ぶのが賢明。

例えばイオンカードライフカードといったカードは、クレジットカードもETCカードも年会費無料で発行も無料だが、還元を見てみるとライフカードが1,000円につき1ポイント。イオンカードが200円につき1ポイントとなっている。

これに対し楽天カードであれば還元は100円につき1ポイントとなり還元率は大幅にアップする。

しかし、楽天カードはETCカードの年会費が500円(税抜)かかる。500円(税抜)の元を取ろうとすると5万円分の利用が必要な為、ETCカードだけで考えると「そんなに使わないな」と思ってしまう。そこで、クレジットカードの利用頻度にも注目しよう。

クレジットカードで光熱費の引落しや保険、携帯料金の引落しなどをして月に10万円のカード払いがあるとする。

するとそこでの還元は

月に10万円のカード払いをするとポイント還元は…

  • ライフカード:1000円=1ポイントで100円の還元
  • イオンカード:200円=1ポイントで500円の還元
  • 楽天カード:100円=1ポイントで1000円の還元

となる。すると楽天カードはライフカードに対して900円。イオンカードに対して500円お得になる計算となる。

この差額を年間で考えると、それぞれ10,800円、6,000円もお得になる計算だ。このように、クレジットカードのポイント還元を考慮しておかないと、取り逃すポイントもあるので気を付けよう。

もちろん、通常のカード利用の場合、「近所にイオンがあってよく買い物をする」など、ライフスタイルに合わせた特典を利用する方がメリットが大きい場合もあるので、普段の買い物やよく利用する場所でのメリットをよく考えた上でカードを選択しよう。

チェックリスト
0
開く